トップページ>入れ歯・義歯

入れ歯・ブリッジ・インプラント

義歯治療について

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合は、義歯(入れ歯・ブリッジ・インプラント)により補う必要があります。
失った歯をそのままにしておくと、食べ物をよく噛むことができなくなり、体の調子にも影響してきます。
残っている歯は抜けた場所に傾いて動いていくので、歯と歯のすき間が増えて、虫歯や歯周病になり易くなります。
口元にしわができやすく、老けて見えるかもしれません。また、口元や顔全体がゆがんでくることもあります。
歯を失ってしまったら、なるべく早くご自分に合った義歯を入れることが大切です。見た目も若くなり、楽しく生活できます。

入れ歯治療

ブリッジについて

ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣の歯を削って冠をかぶせ、その冠に固定されて橋渡しをするように人工の歯を入れる修復物です。
着脱式の入れ歯と違い固定式のため、装着感・見た目とも違和感が少なく、ほぼ天然の歯と同じように回復することができます。
また、保険が適用となるので、安価に治療ができます。保険のブリッジでは、前から犬歯までの部分を白い素材にすることができます。それより奥を白いブリッジにする場合は、保険適用外となります。
症状によっては、ブリッジが適用できない場合もあります。その場合は入れ歯を検討することになります。

ブリッジ

入れ歯について

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。どちらも、保険適用のものと適用外のものがあります。

保険適用の入れ歯

総入れ歯・・・義歯床がプラスチックのものになります。
部分入れ歯・・・「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛けるタイプになります。
保険適用の入れ歯は、安価でできますが、咀嚼力が弱く(天然歯の20%くらい)、違和感が強い、見た目も良くない等のデメリットもあります。

保険適用外(自費)の入れ歯

装着感・見た目とも違和感が少なく、良く噛めるようになりますが、値段が高くなります。材質・形状とも様々なものがあります。

入れ歯の修理

現在、入れ歯を入れている方、以下のような症状はないですか?

  • よく噛めない
  • 痛い
  • 入れ歯にしてから、味がしない
  • 食事がおいしくない
  • 外れやすい
  • 老けた感じがする

こういった症状は合わない入れ歯が原因と考えられます。
当院では、現在使用されている入れ歯の修理も行っています。まずは、お気軽にご相談ください。

インプラント治療

インプラントとは、歯が失われた部分の顎の骨にフィクスチャー(ネジ)を埋め込んで、そのネジを土台にして人工の歯を装着する治療法です。
装着感・見た目とも違和感が少なく、機能的にも優れています。ただし、重度の歯周病で歯を失った場合、ネジを埋め込む骨がないためにできないこともあります。
なお、インプラント治療には、保険が適用されません。
当院のインプラント治療は、専門の先生に来て頂き、治療を行っています。

インプラント