トップページ>矯正治療

矯正歯科

矯正歯科について

近年、歯並びの悪い人が増えてきています。”うちの子は男の子だから見た目は気にしない”とか、”タレントになるわけじゃないから歯並びが悪くても問題ない”とか、そう考える方も多いようです。
はたして、歯並びが悪いのは見た目だけの影響で済むのでしょうか。歯並びは、口元だけの影響に止まらず、全身に影響を及ぼします。
歯並びが悪いまま治療しないでいると、次のような影響があります。

虫歯や歯周病への影響

歯並びが悪いと、歯ブラシがあたらない部分が多くなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

咀嚼(噛む)への影響

食べ物を前歯で噛み切ることや、奥歯でしっかりと噛んで飲み込むことができません。よく噛まずに飲み込むと、消化を助ける“唾液”が出ません。そうなると、食べ物のすべてを胃や腸で分解することになり、消化器官に負担をかけてしまいます。
また、噛む回数が少ないと、脳の血流が悪くなり、知能や運動機能の発達に影響が出るともいわれています。

顔の形への影響

歯が見えたときに、見た目の美しさや印象に影響を与えます。
また、あごや口の周りの筋肉の成長や発育不足によって不正咬合や、上下のあごにズレが生じ、顔が歪んでしまうことがあります。

体への影響

咬みあわせが悪いと、頭痛、腰痛、肩こり、めまい等、体に異常をきたす原因となります。

当院の薦める歯科矯正について

歯科矯正には様々な方法があります。当院では、従来の歯を抜く矯正治療ではなく、歯を抜かない「床矯正(しょうきょうせい)」という方法をお薦めしております。
ただ、従来の歯科矯正の治療を否定するものではありません。患者さんの望む治療方法を、患者さんが選択すべきと考えています。
当院では、治療を始める前に患者さんのご希望をお聞きし、症状と合わせて十分ご相談の上、治療方法を決定します。
そのために、まずは当院のお薦めする床矯正について知って頂きたいと思います。