トップページ矯正治療>歯並びについて

歯並びについて

不正歯列の種類

悪い歯並びのことを「不正歯列」といいます。不正歯列には大きく次の種類があります。

■ 叢生(乱ぐい歯、デコボコ)
歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)と言い、日本人の非常に多くの人に見られます。(八重歯も叢生の一種です)
叢生の原因には色々ありますが、最も多いのはアゴが小さすぎることによって歯が並ぶスペースが足りなくなることです。
■ 上顎前突(出っ歯)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、上顎が下顎よりも前に出ている歯並びのことです。日本人の非常に多くの人に見られます。
上顎前突の原因には、前歯の角度異常や、上あごの過成長、下あごの成長不足があります。また、指しゃぶり、舌の位置が悪い、唇をかむ等の癖が原因になることも多いです。それらの良くないクセを直すトレーニングが必要になることもあります。
■ 下顎前突(受け口)
下顎前突(かがくぜんとつ)とは、下顎が上顎よりも前に出ている歯並びのことです。
下顎前突の原因には、上あごの成長不足、下あごの過成長があります。また、下顎前突の子どもは食事のときに上顎骨に必要な刺激が加わらないために、上顎骨の発育がさらに萎縮します。
■ 交叉咬合(すれ違い)
通常は上の歯が下の歯を被っていますが、交叉咬合(こうさこうごう)は、この状態が逆になり、上下の前歯、奥歯の何本かが交叉している咬み合わせを言います。
交叉咬合の原因には、外からの圧力の問題があります。頬づえや机に頬をつけてお絵かきをするといった姿勢でかかる圧力が、顎を変形させたり、顎の成長を偏らせたりします。
■ 開咬(前歯が閉じない)
開咬(かいこう)とは、奥歯は噛んでも、前歯が噛まない状態です。開咬だと前歯でものが噛み切れなかったり、正しい発音がしにくかったりします。
子どものころからの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因ともなります。
■ 正中離開(空隙歯列、すきっ歯)
正中離開(せいちゅうりかい)とは、歯と歯の間に隙間が開いている状態です。
乳歯の正中離開は問題ありませんが、永久歯の正中離開は放っておくと、隣の歯が生えるスペースがなくなり叢生に原因となります。
■ 過蓋咬合
過蓋咬合(かがいこうごう)は、咬み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えません。前歯の咬み合わせが深いので、下顎を横に動かせないめ、よく咬めません。
■ 埋伏歯
永久歯が骨の中に隠れ生えてこない状態を埋伏歯(まいふくし)と言います。
いつまでも乳歯が残っている場合は、埋伏歯の可能性があります。

歯並びが悪くなる原因は?

歯並びが悪くなる原因は、大きく遺伝的な要因と後天的な要因に分けられます。

先天的原因

■ 歯の大きさ、形 ・歯の生える時期 ・骨の発育

後天的原因

■ 乳児のむし歯・脱落
乳歯の時期に虫歯などで、自然に永久歯と生え代わる以前に乳歯を抜いて、その後適切な処置を受けずにそのまま放置した場合。
■ 指しゃぶりなどの癖
指しゃぶりや頬づえをつくなどの悪い習慣を続けて、顎の骨が変形してしまった場合。噛み癖、唇の癖、口呼吸等。

いづれの原因も、「あごの長さと歯列の長さのバランスの悪さ」に繋がり、これが不正歯列の原因です。