トップページ>虫歯治療

虫歯治療

どうして虫歯になるの?

歯の表面の歯垢の中には虫歯菌がおり、この菌が飲食物の糖分を分解し酸をつくります。この酸が歯を溶かして虫歯を作ります。
多くの虫歯は、歯と歯の間や奥歯の溝、歯ぐきに接する部分から発生します。特に奥歯の溝の細菌は歯磨きだけでは取り除けません。
そのため、歯を磨けば虫歯を防げるという常識は正しくありません。歯科医による専門的なクリーニングを定期的に受けることが大切です。

虫歯治療

虫歯の治療

初期の治療

虫歯の初期は、歯を削ることなく簡単に治療ができます。虫歯が歯の表面に限られる場合は、歯を削らず、再石灰化を待ちます。
再石灰化とは、酸により一度は溶け出たイオンやミネラルが、再び歯の表面に戻って、溶かされた歯の表面を修復する作用のことです。(自然治癒作用)
この場合、歯のクリーニングを行い、再石灰化を促す口内環境にするための指導を行います。
まずは、虫歯の早期発見が大切です。虫歯の初期段階は、自覚症状もなく見た目にもわからないので、定期検診を受けることが重要です。

進行した虫歯の治療

進行した虫歯では、虫歯を削り取り、「詰め物」をします。
この詰め物は、材質・色等様々なものがあり、保険適用のものと適用外のものがあります。
白い詰め物・ゴールドの詰め物は保険適用外となります。
ただし、詰める範囲が小さい場合は、保険適用でレジンという白い詰め物が使用できます。
ご希望をお聞きして何を使用するかを決定します。
虫歯がさらに進行し歯髄に達すると、歯髄を除去します。一般に「神経を抜く」といいます。 歯髄の入っていた穴に人工的に作った土台を入れて、その土台に「被せ物」をします。「刺し歯」ともいいます。 被せ物も、詰め物同様、様々なものがあり、ご希望をお聞きしながら決定します。