トップページ歯周病治療>歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯肉の隙間から侵入した細菌が出す毒素により、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(骨)など歯を支える歯周組織が炎症を引き起こし破壊されていく病気です。

歯周組織"
歯周病の原因

歯の表面に付着した歯垢(しこう)やそれが石灰化した歯石が原因です。
歯垢や歯石の中は細菌の巣で、歯周病菌や虫歯菌がおります。

さらに、これに以下の要素が加わると歯周病の進行を早める要因となります。 歯周病の治療では、これらの要因を同時に取り除くことも大切です。

■ 喫煙(たばこ)
たばこに含まれる『ニコチン』は、血液の流れを悪くし、身体の抵抗力を下げてしまいます。 そのため、歯周病菌への抵抗が下がり炎症が起きやすくなるのです。 また、喫煙すると唾液の分泌量が減るため、歯垢が付着しやすくなります。
■ 不正歯列
歯並びが悪いと、歯ブラシがあたらない部分が多くなり歯垢が残りやすくなります。
■ 糖尿病
糖尿病になると、身体の抵抗力が下がりますのでさまざまな合併症が起こります。歯周病菌への抵抗力も下がり炎症が起きやすくなるのです。 また、糖尿病になると唾液の分泌量や白血球が減少し、細菌の数が増加しますので、歯周病になりやすく治りづらくなってしまいます。
■ 歯ぎしり
歯ぎしりは、歯だけでなく歯肉、歯槽骨などの歯周組織に強い力が加わるので、歯周病で炎症を起こしている歯周組織に強い力が加われば、より炎症が激しくなり歯周病を悪化させてしまうのです。

歯周病の症状

歯周病にはさまざまな症状がありますが、大きく”歯肉炎”と”歯周炎”に分かれ、歯肉炎から歯周炎へと徐々に症状が進行して行きます。

■ 歯肉炎

歯周病の初期段階ではまず、歯周病菌がだす毒素により、歯肉に炎症が生じて歯肉が腫れたり、出血し易くなる「歯肉炎」になります。
初期はほとんど自覚症状がなく、放置してしまい歯周炎へと進行するケースが見られます。歯肉炎の段階で治療を行えば、確実に歯周病を完治できます。
この歯肉炎には、小学生の40%がなっていると言われています。
歯肉炎の段階での治療がとても大切です。

■ 歯周炎

さらに進むと、歯周組織の中でも歯を支える部分「セメント質・歯根膜・歯槽骨」などが溶かされる「歯周炎」になり、歯がグラグラしたり、歯が長く見えるようになります。 また、何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されて来院され、歯周病を発見することもあります。
この段階まで歯周病が進行してしまいますと治療はとても大変になります。最悪の場合は、歯を失うことになります。 手遅れにならないよう、定期的に歯の健診を受けたり、少しでも口の中の異常を感じたら早めに歯科医にかかりましょう。