トップページ歯周病治療>治療と予防について

治療と予防について

歯周病の治療

ぼく歯科室で行っている歯周病の治療についてご説明します。

スケーリング(歯石の除去)

歯周病の原因である歯垢と歯石を除去します。歯石は歯磨きでは取ることができない上、できた歯石には歯垢が付きやすくなります。 歯垢と歯石を徹底的に除去して清潔に保つことで、歯肉の炎症を改善し深くなった歯周ポケットを引き締めることができます。

ルートプレーニング(歯根の滑沢化)

歯石を取ったあとは、歯の表面がデコボコして歯垢が付着し易くなるため、歯の面を平らにして歯垢を付きにくくします。

外科的歯周病治療

歯周病が進行して中期以上になってしまった場合は、歯周ポケットが深くなり歯垢や歯石を完全に取ることができません。 その場合は、歯肉を切り開いて歯根を露出させた上でスケーリングとルートプレーニングを行います。切った歯肉は元の状態に縫合します。

歯周組織再生療法

歯周病がさらに進行して重度になってしまった場合は、歯槽骨の大部分が溶けて歯を支えられなくなります。 溶けてしまった歯槽骨はスケーリングとルートプレーニングだけで元に戻すことはできません。
歯槽骨を再生する方法として、骨移植やエムドゲインという薬剤を使用する方法があります。これらは、ほとんどの場合、保険適用外となります。 また、歯周組織再生療法を行えば、必ず歯周組織が回復するというわけではありません。進行状況を見て適応症状かどうか診断します。
歯周病は早期の治療が重要なのです。

歯周病の予防

プラークコントロール

歯周病の予防の基本は、歯磨きです。一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高いため、 正しいブラッシング法を身につけ、歯垢が付着しないようにすることが重要です。
また、歯と歯の間の歯垢は歯ブラシでは取れないので、フロス(糸ようじ)を使用しましょう。
当院では、ブラッシング・フロスの使い方等、プラークコントロール指導に力を入れております。

定期検診

一度歯周病にかかってしまうと症状が改善しても、歯周組織が完全に元通りになるわけではないため、、再発しやすくなります。 そのため、歯周病にかかったことのある方は、3~4ヶ月に一度、定期検診を受けられることをお勧めします。
定期検診では、歯周病の検査および専門的なクリーニングによる歯垢の除去を行います。
歯周病にかかったことのない方でも、1年に一度は定期検診を受けましょう。